沖縄盲学校

寄宿舎

<寄宿舎とは>
 寄宿舎は通学困難な児童生徒の入舎を原則としつつ、異年齢の仲間が寝食を共にし、集団生活の中で助け合い、
協力し励まし合いながら楽しく豊かな生活と学習をする場所です。

<寄宿舎の特色>
 本校寄宿舎には、小学生から専攻科に通う成人者までの幅広い年齢層の児童・生徒たちが、一緒に生活しています。入舎の目的は、学齢期の児童・生徒の場合は、通学困難や集団生活を体験するためであったり、成人者の場合は、「はり・きゅう・あんま」の専門知識を学び、国家資格の取得に向け学習に集中して取り組むためであったりと理由は様々です。学齢期の児童・生徒と成人者の入舎理由の違いはあっても、共に生活する場においては「日課」や「自治活動」等が必要になってきます。快適な生活の場を創るためにも、自分たちでルールやマナーを守り、より豊かで楽しい集団生活をおくっています。

<寄宿舎の目標>
① 健康と安全を図る。
② 渉外を克服し、自活できるようにする。
③ 人を尊重し、協調する態度を育てる。
④ 生活経験を豊かにし、社会性を身につける。


<主な行事>

1学期 2学期 3学期

入舎式
入舎生オリエンテーション
舎友会総会①/②
親睦会
先輩の講話
安全指導
保健指導Ⅰ
栄養指導
バーベキュー会

夕涼み会
避難訓練Ⅰ
保健指導Ⅱ
焼き芋会
ハロウィン
感謝の会
お楽しみ夕食会
舎友会総会③/④

避難訓練Ⅱ
保健指導Ⅲ
分散会
舎友会総会⑤